So-net無料ブログ作成

28日連続のプラス偏差となった [国内]

2017年7月25日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

本年の年換算平年偏差  +0.64 ℃  平年値換算歴代順位 6位
本年の年換算対前年偏差 -0.35 ℃  前年値換算歴代順位 9位
過去1年間の平年偏差   +0.68 ℃  年平均気温歴代順位 6位

2017年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.69 ~ +0.79 ℃、昨年比-0.08 ~ -0.18 ℃ 歴代順位 2016年に次ぎ2~5位
世界: 平年比 +0.41 ~ 0.42 ℃、歴代順位 2016年に次ぎ2~4位
==========================
昨日は新潟県や関東地方で豪雨があり、気温はこれまでより低くなったが、それでも15地点の日平均気温の平年偏差の平均は+0.49℃となり、28日連続のプラス偏差となった。15地点中11地点でプラス偏差、3地点でマイナス偏差、名瀬は平年値だった。マイナス偏差となったのは山形、伏木、境だった。プラス偏差もマイナス偏差も、大幅となった観測点は15地点中には見られず、これまでのような大幅な高温偏差は影を潜めた。


1990年の網走は、7月24日の最高気温は29.9℃、7月25日の最高気温は31.6℃と本年の先ごろのような高温であったため、網走の日平均気温の1990年比の偏差の年初からの積算が昨日マイナスに戻った。これで過去最高年比の偏差の年初からの積算がプラスの観測点は、15地点中石巻の1観測点に戻った。


今日は境のグラフを見る。


20170725Sakai.jpg

境のグラフは、7月以降の急傾斜の上昇が目立つ。7月の気温がいかに高かったかを物語るものである。ここ2日でその上昇の勢いに陰りがみられているが、このまま上昇の勢いにブレーキがかかるのか、再び上昇に向かうのか?このような極端な上昇の後には低下が現れるのが過去の経験である。ただ、温暖化傾向が強いとなれば話は変わってくる。注目すべき時期になっている。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0