So-net無料ブログ作成
検索選択

東日本と西日本の気温差が顕著になった [国内]

2017年8月11日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

本年の年換算平年偏差  +0.62 ℃  平年値換算歴代順位 6位
本年の年換算対前年偏差 -0.38 ℃  前年値換算歴代順位 9位
過去1年間の平年偏差   +0.64 ℃  年平均気温歴代順位 6位

2017年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.69 ~ +0.79 ℃、昨年比-0.08 ~ -0.18 ℃ 歴代順位 2016年に次ぎ2~5位
世界: 平年比 +0.41 ~ 0.42 ℃、歴代順位 2016年に次ぎ2~4位
===========================

昨日の15地点の日平均気温の平年偏差の平均はー0.69℃で3日連続のマイナス偏差となるとともに、マイナス幅が拡大した。ただ、15地点中のプラス偏差地点が7、-偏差地点が8で、この数が拮抗していることに変化はなかった。北日本、東日本で気温はマイナス偏差となり、西日本日本海側と南日本でプラス偏差となっている。


15地点中日平均気温の平年偏差のマイナス幅が大きかった観測点は、石巻の平年比ー4.2℃、山形の同ー3.6℃、根室の同ー3.2℃の順で、プラス偏差最大の観測点は宮崎の平年比+1.9℃だった。


昨日の15地点の日平均気温の単純平均は24.65℃で7月19日以来、23日ぶりに24℃台となった。この夏のこの値は、7月15日に27.20℃、7月21日に27.23℃の2回だけ27℃台となった。本年は、もう27℃台になることはなさそうだ。


今日は、15地点の日平均気温の単純平均の365日移動平均のグラフを示す。


MovingAverage.jpg

昨年11月にピークがあり、その後だらだらと低下を継続してきたが、本年6月末に底を打ち、その後しばらく上昇を継続してきた。その上昇傾向も7月27日にピークを打ち、現在低下傾向が継続している。さらに低下傾向が継続すれば、本格的な低下傾向にはいると思われるが、今月中に上昇傾向に転じるようだと2016年の前半に見られるような、振れ幅の小さい振動をするかもしれない。


気象庁の確率予測資料によれば、北日本のマイナス偏差確率は今後急速にしぼんでいることから、一方的な気温低下はなさそうだが、沖縄・奄美のプラス偏差確率もしぼんできている。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。