So-net無料ブログ作成
検索選択

西日本の気温が低く、15地点の日平均気温の平年偏差が4日連続でマイナスとなった [国内]

2016年8月30日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

年換算平年偏差  +1.00 ℃   平年値換算順位 1位
年換算対前年偏差 +0.24 ℃  前年値換算順位 1位

本年8月の15地点平年偏差の予想値
昨年比-0.01℃~-0.05℃  月偏差の推定値 -0.21℃~-0.25℃
2016年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.49 ~ +0.52 ℃、昨年比-0.17 ~ -0.20 ℃ 歴代順位 8位
世界: 平年比 +0.33 ℃、歴代順位 2015年に次ぎ2位
===========================

台風第10号は、岩手県と北海道に大きな被害を与えて通過していった。 台風の影響で北海道の気温はかなり高くなったが、西日本の気温は低く、15地点の日平均気温の平年偏差の平均はー0.63℃と4日連続のマイナス偏差となった。

 15地点中日平均気温が平年を上回ったのは北海道から関東の6観測点、平年比マイナスとなったのはそれより西の9観測点であった。平年偏差の幅が大きな観測点があり、プラス偏差では寿都の平年比+4.7℃、根室の+3.2℃、網走の+2.5℃と北海道の観測点のプラス幅が大きかった。マイナス偏差では、伏木のー4.8℃、彦根のー3.8℃、浜田のー3.6℃、境のー3.3℃、飯田のー2.7℃、多度津のー2.1℃の順で偏差が大きかった。

昨日は西日本の気温が下がったため、気象庁の929観測点で猛暑日となった観測点はなかった。これは7月26日以来35日ぶりである。真夏日観測点も126で7月上旬頃の数になった。

本日は台風一過の好天となっており、これから気温が上昇する見込みである。 石巻の日平均気温の前年比の積算偏差はこれでプラスに転じるだろう。根室の気温も近々過去最高水準になりそうだ。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昨日は北高西低で、全国的には平年並みの気温だった

2016年8月29日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

年換算平年偏差  +1.01 ℃   平年値換算順位 1位
年換算対前年偏差 +0.23 ℃  前年値換算順位 1位

本年8月の15地点平年偏差の予想値
昨年比-0.01℃~-0.05℃  月偏差の推定値 -0.21℃~-0.25℃
2016年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.49 ~ +0.52 ℃、昨年比-0.17 ~ -0.20 ℃ 歴代順位 8位
世界: 平年比 +0.33 ℃、歴代順位 2015年に次ぎ2位
===========================

一昨日かなり低くなった東日本の気温も昨日は上昇し、平年を上回った。一方で、西日本の気温が低下したため、全国的には平年並みとなった。ただ、関心事は気温ではなく、台風第10号とそれに伴う西日本の豪雨だっただろう。今日は東北に台風がやってくる。

昨日の15地点の日平均気温の平年偏差の平均はー0.02℃とわずかにマイナスとなったため、3日連続のマイナス偏差となった。ただ、15地点中10地点の日平均気温が平年を上回り、平年を下回ったのは5観測点のみであった。その中で、浜田の日平均気温が平年比ー4.4℃、境が同ー3.7℃、多度津の同ー2.1℃という大きなマイナス偏差が全体の偏差を引き下げた。それに対してプラス偏差が大きかったのは、寿都の平年比+3.3℃、根室の+2.7℃と北海道のプラス偏差が大きかった。

 15地点の日平均気温の平均は24.49℃、気象庁929観測点中真夏日観測点は275、猛暑日観測点は10だった。

台風第10号の被害が少ないことを祈る。 


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2日連続のマイナス偏差 [国内]

2016年8月28日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

年換算平年偏差  +1.01 ℃   平年値換算順位 1位
年換算対前年偏差 +0.22 ℃  前年値換算順位 1位

本年8月の15地点平年偏差の予想値
昨年比-0.01℃~-0.05℃  月偏差の推定値 -0.21℃~-0.25℃
2016年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.49 ~ +0.52 ℃、昨年比-0.17 ~ -0.20 ℃ 歴代順位 8位
世界: 平年比 +0.33 ℃、歴代順位 2015年に次ぎ2位
===========================

 台風第10号が東日本上陸の経路をたどり、西日本に豪雨をもたらす中、昨日も南日本を除き気温は低かった。15地点中、根室、多度津、宮崎石垣島の日平均気温は平年比プラス、名瀬は平年並み、その他の10観測点は平年を下回った。15地点の日平均気温の平年偏差の平均はー1.09℃で2日連続のマイナスとなった。

日平均気温の平年偏差の幅が大きかった観測点は少なかったが、浜田の平年比ー4.7℃、境の平年比ー2.9℃、網走の平年比ー2.8℃とマイナス幅の大きい観測点があり、平均偏差を押し下げた。

昨日は、気象庁929観測点中猛暑日観測点が喜界島の1観測点のみとなった。真夏日観測点も180観測点までに減少した。

この低温も、台風第10号が通過すると元の高温状態に戻ると予報されている。 


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昨日は南日本を除き気温が下がった [国内]

2016年8月27日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

年換算平年偏差  +1.03 ℃   平年値換算順位 1位
年換算対前年偏差 +0.22 ℃  前年値換算順位 1位

本年8月の15地点平年偏差の予想値
昨年比-0.01℃~-0.05℃  月偏差の推定値 -0.21℃~-0.25℃
2016年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.49 ~ +0.52 ℃、昨年比-0.17 ~ -0.20 ℃ 歴代順位 8位
世界: 平年比 +0.33 ℃、歴代順位 2015年に次ぎ2位
===========================

昨日は、南日本を除き気温が下がり、15地点の日平均気温の平年偏差の平均はー1.03℃と、16日ぶりにマイナス偏差となった。15地点中、日平均気温が平年を上回ったのは、宮崎、名瀬と石垣島の3観測点のみだった。マイナス偏差が大きかったのは、山形の平年比ー3.3℃、石巻のー2.9℃、浜田のー2.3℃、伏木のー2.2℃の順であった。

 気象庁の929観測点中、猛暑日を記録した観測点がわずかに8観測点となった。15地点の日平均気温の平均は、一気に23.61℃まで下がった。前日比ー2.27℃であった。この前日比マイナスの本年の記録は、バレンタインデーの翌日の前日比ー7.59℃というのがある。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

台風被害が心配されるが、それまで東京の気温は低めの予想 [国内]

2016年8月26日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

年換算平年偏差  +1.03 ℃   平年値換算順位 1位
年換算対前年偏差 +0.22 ℃  前年値換算順位 1位

本年8月の15地点平年偏差の予想値
昨年比-0.01℃~-0.05℃  月偏差の推定値 -0.21℃~-0.25℃
2016年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.49 ~ +0.52 ℃、昨年比-0.17 ~ -0.20 ℃ 歴代順位 8位
世界: 平年比 +0.33 ℃、歴代順位 2015年に次ぎ2位
===========================

昨日も全国的に気温が高く、15地点の日平均気温の平年偏差の平均は+1.17℃と15日連続のプラス偏差となった。15地点中12地点で平年比プラス、寿都、境と浜田の3観測点でマイナスとなった。平年比マイナスの観測点が15地点中3地点もあったのは8月15日以来12日ぶりのこと。 

ただ、15地点の日平均気温の平均は25.88℃まで低下した。気象庁の929観測点中真夏日観測点は563、猛暑日観測点は40で、本年19番目と28番目に多い数だったが、この数もだいぶ減ってきた。過去最高の気温を記録する観測点もこの3日間ない。

今日から4日間は東京の気温はこれまでと比べるとだいぶ低くなる予想だ。この間に台風第10号が襲来すると心配されている。

ここしばらくは気温が低めになるとしても、これまでの高温の継続により統計値はだいぶ変化してしまった。15地点中、日平均気温の昨年比の偏差の年初からの積算がマイナスの観測点が。網走、根室、寿都と石巻の4観測点のみとなった。 これまでマイナスだった山形がプラスに転じたからだが、石巻も近いうちにプラスに転じ、北海道の3観測点のみが昨年比でマイナスとなるかもしれない。

 


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

異常天候早期警戒情報の日本地図が真っ赤に [国内]

2016年8月25日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

年換算平年偏差  +1.03 ℃   平年値換算順位 1位
年換算対前年偏差 +0.21 ℃  前年値換算順位 1位

本年8月の15地点平年偏差の予想値
昨年比-0.01℃~-0.05℃  月偏差の推定値 -0.21℃~-0.25℃
2016年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.49 ~ +0.52 ℃、昨年比-0.17 ~ -0.20 ℃ 歴代順位 8位
世界: 平年比 +0.33 ℃、歴代順位 2015年に次ぎ2位
===========================

昨日も全国的に高温で、15地点すべてで日平均気温が平年を上回った。15地点の日平均気温の平年偏差の平均は+2.31℃で14日連続のプラス偏差となった。15地点の日平均気温の平均が27.07℃と、8月25日になって27℃を超えてきた。

昨年の8月25日はすでに涼しくなっていたため、昨年比の偏差も極端に大きく、15地点の日平均気温の昨年比の偏差の平均は+3.85℃となった。特に北海道の気温が高く、網走の日平均気温は平年比+5.3℃、根室は同+3.6℃、根室は同2.6℃だった。15地点中、その他の地方で日平均気温の平年偏差が大きかったのは、山形の+3.0℃、伏木の+2.8℃、浜田の+2.6℃、彦根の+2.5℃の順であった。

台風第0号の進路も気になるが、この高温も大変なものである。気象庁が昨日更新した異常天候早期警戒情報によれば、今週月曜日に白くなった日本地図がまた真っ赤に戻ってしまった。よく見ると、北海道、九州南部、奄美と沖縄は8月30日頃から、東北北陸東海、近畿、四国、九州北部は8月31日頃から、関東甲信、中国は9月1日頃からの1週間の気温が高いとされている。

 1か月予報も全国的な高温が予報されており、本年の気温水準がどこまで上昇してしまうのか?今日も全国的に気温が高い見込みである。

 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

網走の日平均気温の1990年比の年初からの偏差の積算がプラスに転じる [国内]

2016年8月24日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

年換算平年偏差  +1.03 ℃   平年値換算順位 1位
年換算対前年偏差 +0.19 ℃  前年値換算順位 1位

本年8月の15地点平年偏差の予想値
昨年比-0.01℃~-0.05℃  月偏差の推定値 -0.21℃~-0.25℃
2016年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.49 ~ +0.52 ℃、昨年比-0.17 ~ -0.20 ℃ 歴代順位 8位
世界: 平年比 +0.33 ℃、歴代順位 2015年に次ぎ2位
===========================

 昨日も全国的に高温で、15地点中14地点の日平均気温が平年を上回った。銚子は平年並みだった。15地点の日平均気温の平年偏差の平均は+1.33℃で、13日連続のプラス偏差となった。

気象庁の929観測点中、真夏日観測点は514か所で本年24番目に多く、猛暑日観測点は59か所で本年20番目に多かった。15地点の日平均気温の平均は26.15℃でまだ26℃台にある。

一昨日まで、連日のように過去最高の気温が929観測点中のどこか出ていたが、昨日はなかった。

東日本は曇りや雨でも気温が高く、晴れている西日本は猛烈な暑さとなっている。そろそろ子の高温も収まってほしいものだが、なかなかそうならない。

ここの所の北海道のこうおんによって、網走の日平均気温の1990年比の偏差の年初からの積算値が昨日プラスに転じた。これで、過去最高年比の積算偏差がマイナスの観測点が15地点中7地点と過半数を割った。網走のグラフを見る。

20160824Abashiri.jpg 

 昨年の網走は、11月下旬まで過去最高年の水準を上回っていたので、過去最高年比の赤線のほうが、昨年比の緑線より上にある。ただ、直近で緑線が急上昇しており、本年の気温水準も昨年の水準に接近しつつある。1990年の網走の気温は10月以降極めて高かった。本年の気温がそこまで高くなるであろうか?


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昨日も15地点すべてで日平均気温が平年を上回った [国内]

2016年8月23日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

年換算平年偏差  +1.02 ℃   平年値換算順位 1位
年換算対前年偏差 +0.18 ℃  前年値換算順位 1位

本年8月の15地点平年偏差の予想値
昨年比-0.01℃~-0.05℃  月偏差の推定値 -0.21℃~-0.25℃
2016年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.49 ~ +0.52 ℃、昨年比-0.17 ~ -0.20 ℃ 歴代順位 8位
世界: 平年比 +0.33 ℃、歴代順位 2015年に次ぎ2位
===========================

昨日の東日本は台風の影響を受けて曇りや雨の地域が多かった。北海道は大雨による洪水被害が発生したが、気温は高かった。西日本は晴れて気温が上昇した。15地点の日平均気温は、15地点すべてで平年比プラスで、平均偏差は+1.69℃だった。これで12日連続のプラス偏差となった。15地点中プラス偏差が大きかったのは、根室の平年比+3.9℃、網走の+3.5℃、宮崎の+2.6℃、彦根の+2.2℃の順だった。

気象庁の929観測点中、真夏日観測点が530、猛暑日観測点が96でまだ高水準にある。15地点の日平均気温の平均は26.55℃で本年19番目の高温だった。

 一昨日は、紀伊長島、友ヶ島、新宮、鹿児島、喜入、肝付前田と枕崎で過去最高の気温を観測したが、昨日も地震被害を受けた益城と古仁屋の日最高気温が過去最高となった。

 昨年のこの時期の気温は平年を下回る水準で推移し、特に北海道の気温は低めだった。そのため、昨年基準の年換算気温偏差が毎日上昇を続けている。九州の高温も目立つ。大分のグラフを見る。

20160823OhitaAverageTemp.jpg

平年比の黒線と昨年比の緑線が直近で急上昇している。 

 ここのところ、気温が低下してきた西ヨーロッパの気温が上昇している。アフリカからの高温の大気が流入したとのことで、パリで35℃、ロンドンが30℃となっている。急に気温水準が10℃上昇した感じだ。

インドのモンスーンによる洪水被害が拡大している。外信では連日のように浸水映像が流れていたが、これまで中西部で被害が大きかった洪水が、東部にまで拡大してきている。100万人規模の洪水被害者が発生し、死者数も100名を超えたようだ。いつものモンスーンによる大雨とは様相が異なるようだ。

多くの国で気象災害による被害額が拡大している。


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

異常天候早期警戒情報の日本地図が沖縄を除き白くなった [国内]

2016年8月22日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

年換算平年偏差  +1.02 ℃   平年値換算順位 1位
年換算対前年偏差 +0.17 ℃  前年値換算順位 1位

本年8月の15地点平年偏差の予想値
昨年比-0.01℃~-0.05℃  月偏差の推定値 -0.21℃~-0.25℃
2016年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.49 ~ +0.52 ℃、昨年比-0.17 ~ -0.20 ℃ 歴代順位 8位
世界: 平年比 +0.33 ℃、歴代順位 2015年に次ぎ2位
===========================

昨日も全国的に高温だった。15地点すべてで日平均気温が平年を上回り、15地点の平年偏差の平均は+1.99℃となり、11日連続のプラス偏差となった。ただ、15地点の日平均気温の平均は26.91℃で、27℃を割り込んだ。

気象庁の929観測点中、526観測点で真夏日、155観測点で猛暑日となり、猛暑日観測点数は本年3番目の多さだった。

 15地点中日平均気温の平年偏差が大きかったのは、網走の+5.2℃、根室の+3.7℃、石巻の+2.6℃、彦根の+2.4℃、宮崎の+2.3℃、多度津の+2.2℃の順であった。

昨日は台風第9号が関東を直撃し、各地にこれまで見たことのないような出水をもたらした。交通機関にも大きな影響を与えた。今夜の関東では、もっと大量の降水が予想されている地点がある。予報が的中すると相当な被害が発生するだろう。

気象庁は昨日異常天候早期警戒情報を更新し、8月27日以降は異常高温の対象地域が沖縄のみとなった。日本地図が一気にしろくなった。週間天気予報にも「東日本では最高温が平年より低い日もある見込みです。」とこれまで見なかった文言が現れた。関東は厳しい残暑から解放されるかもしれない。ただ、西日本の高温は継続するのだろう。

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昨日の15地点の日平均気温の平均は27.37℃で本年2番目の高温だった [国内]

2016年8月21日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

年換算平年偏差  +1.02 ℃   平年値換算順位 1位
年換算対前年偏差 +0.17 ℃  前年値換算順位 1位

本年8月の15地点平年偏差の予想値
昨年比-0.01℃~-0.05℃  月偏差の推定値 -0.21℃~-0.25℃
2016年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.49 ~ +0.52 ℃、昨年比-0.17 ~ -0.20 ℃ 歴代順位 8位
世界: 平年比 +0.33 ℃、歴代順位 2015年に次ぎ2位
===========================

今朝は台風第9号の関東襲来によって大荒れの天気となっている。自宅前を通過する東海道線も、朝から本数が極めて少なかったが、現在運運行中止されている。

この夏は、天気図上に太平洋高気圧が平年より高緯度にあり、日本の南には低気圧が次々と発生している。富士山頂の気圧も平年より低いのだが、全国的に気温が高い。昨日も15地点の日平均気温の平均は、全国的な高温を示す指標の27℃を上回り、27.37℃となった。8月8日の27.49℃に次いで本年2位の高温となった。本年の残暑の厳しさを示している。

15地点の日平均気温の平均(赤)と平年値(黒)の比較グラフを示す。

20160821AveTemp15.jpg 

平年値の黒線はピークを過ぎているのだが、本年の赤線はここでまた上昇傾向となっていることが分かる。 

昨日の15地点の日平均気温の平年偏差の平均は+2.41℃で、10日連続のプラス偏差となった。15地点すべてで平年比プラスっとなったが、プラス偏差が大きかったのは、寿都の平年比+4.4℃、山形の同+4.3℃、根室の同+3.5℃、伏木が同+3.3℃、多度津が同+2.7℃、銚子が同+2.5℃、彦根と境が同+2.3℃、石巻が同+2.2℃、宮崎が同+2.0℃と大幅なプラス偏差となる地点が続出した。

今日も西日本の気温が高くなっている。 西日本は今後台風第10号が発達して影響を与えることも予想されている。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感