So-net無料ブログ作成

関東甲信から西が梅雨入りした [国内]

2017年6月7日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

年換算平年偏差  +0.52 ℃  平年値換算順位 9位
年換算対前年偏差 -0.52 ℃  前年値換算順位 10位

2017年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.69 ~ +0.79 ℃、昨年比-0.08 ~ -0.18 ℃ 歴代順位 2016年に次ぎ2~5位
世界: 平年比 +0.41 ~ 0.42 ℃、歴代順位 2016年に次ぎ2~4位
===========================
昨日の15地点の日平均気温の平年偏差の平均はー0.11℃とわずかなマイナス偏差となった。これで6日連続のマイナス偏差である。15地点中、日平均気温の平年偏差幅が大きかったのは、宮崎の平年比ー2.5℃、飯田の同ー2.3℃、網走の同+2.5℃、名瀬の同+1.9℃で、その他の観測点の偏差幅は小さかった。


昨日気象庁は、中国、四国、近畿、東海、関東甲信が梅雨入りしたとみられると発表した。ほぼ平年並みの梅雨入りとなった。梅雨の晴れ間には高温が予想されているが、しばらくは気温の低い日が多くなるかもしれない。


昨日の低温で、飯田の日平均気温の平年比の年初からの積算がマイナスに戻り、彦根の日平均気温の過去5年平均比の年初からの積算がマイナスに戻った。平年比の積算がマイナスの観測点は、15地点中飯田と名瀬の2観測点、過去5年平均比でマイナスの観測点は根室、飯田、彦根、宮崎、名瀬、石垣島の6観測点となった。


今日は、それらの飯田と彦根のグラフを見る。


まず飯田。


20170607Iida.jpg

飯田は現在4指標すべてがマイナス圏内にある。昨年は年間を通じて気温が高めに推移した観測点であるが、本年はその様子がすっかり変わり、グラフの形状が昨年とは全く異なる。


続いて彦根。


20170607Hikone.jpg

彦根は昨年が過去最高年である。現在平年比を除く3指標がマイナス圏内に入っている。



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感