So-net無料ブログ作成

台風の影響で気温が上昇した [国内]

2017年8月6日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

本年の年換算平年偏差  +0.64 ℃  平年値換算歴代順位 6位
本年の年換算対前年偏差 -0.37 ℃  前年値換算歴代順位 9位
過去1年間の平年偏差   +0.66 ℃  年平均気温歴代順位 6位

2017年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.69 ~ +0.79 ℃、昨年比-0.08 ~ -0.18 ℃ 歴代順位 2016年に次ぎ2~5位
世界: 平年比 +0.41 ~ 0.42 ℃、歴代順位 2016年に次ぎ2~4位
===========================
昨日は台風第5号の影響で、中国地方の日本海側などにフェーンが発生し、気温が上昇した。島根県を中心に、気象庁の役900地点の観測点中12地点で最高気温の観測史上最高記録を更新した。猛暑日観測地点も111に達し、これもこの夏最大の数となった。


一方、北海道の気温は下がってきており、台風第5号直接的影響を受けた九州南部の気温は低かった。15地点の日平均気温の平年偏差の平均は+1.59℃で、3日連続のプラス偏差となった。昨年比でも+0.13℃とわずかにプラス偏差となった。こちらは11日ぶりのプラス偏差である。


15地点中日平均気温が平年比マイナスとなったのは網走、根室と宮崎の3観測点で、其の他12観測点はプラス偏差だった。この中で、境と浜田は平年比+4.9℃と大幅な高温偏差となった。これは台風からの南風がフェーンを引き起こしたためだ。


朝方は晴れていた湘南地方も曇ってきた。これから台風㈹5号の影響が当地にも及ぶだろう。その前に、西日本には大量の降水をもたらしている。台風の影響で気温上昇が予想されている。


国外では、南部ヨーロッパが猛暑となっている。これまでのギリシャやイタリア南部に加えて、スペインやポルトガルの気温が高い。一方、イギリスは夏は終わった感じが漂ってきている。アメリカも東北部は急に気温が下がってきたが、こちらはこのまま夏が終わることはないのだろう。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感