So-net無料ブログ作成

台風の影響で気圧が下がった

2017年8月8日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

本年の年換算平年偏差  +0.63 ℃  平年値換算歴代順位 6位
本年の年換算対前年偏差 -0.38 ℃  前年値換算歴代順位 9位
過去1年間の平年偏差   +0.66 ℃  年平均気温歴代順位 6位

2017年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.69 ~ +0.79 ℃、昨年比-0.08 ~ -0.18 ℃ 歴代順位 2016年に次ぎ2~5位
世界: 平年比 +0.41 ~ 0.42 ℃、歴代順位 2016年に次ぎ2~4位
===========================
台風第5号は滋賀県や北陸地方、東北地方に大雨を降らせて温帯低気圧になった。東日本を中心にまだ気圧が低い状態が続いている。台風の進行速度が遅いことと、別の低気圧ができたことによる。8月に入って関東の日照時間は少なく、気圧も低いとなると、昔ならば冷害の心配をしなければならないのだが、温暖化の影響で気温は高い。


台風が通過して1日経過したが、我が家の気圧はまだ994hPaとなっている。気圧は低いが関東地方の気温は上昇している。


昨日の15地点の日平均気温の平年偏差の平均は+0.39℃で5日連続のプラス偏差となった。昨年の8月8日の気温も極めて高かったため、昨年比ではー1.73℃のマイナス偏差であり、365日移動平均の値も低下した。ただ、昨年は8月10日以降気温はそれほど高くないので、本年の統計値にこれから変化が現れる可能性がある。


昨日は15地点中9地点で日平均気温が平年比プラス、6地点でマイナス偏差となった。北海道の3観測点でマイナス偏差となり、台風第5号の経路に当たった彦根t伏木、その影響を大きく受けた飯田でマイナス偏差となった。


一方、台風の後ろ側となった宮崎の日平均気温は平年比+3.7℃の大幅なプラス偏差となった。


今後は北日本では気温は低め、南日本で高めの予報となっている。現在15地点中名瀬のみ日平均気温の平年比の年初からの積算がマイナスとなっているが、近日中にプラスに転じる勢いとなっている。


現在我が家は久しぶりに真夏の青空から強い日差しがあり、生暖かい風に囲まれている。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感