So-net無料ブログ作成
検索選択

15地点の日平均気温の平年偏差は4日連続のマイナス偏差となった

2017年6月14日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

本年の年換算平年偏差  +0.47 ℃  平年値換算歴代順位 10位
本年の年換算対前年偏差 -0.58 ℃  前年値換算歴代順位 12位
過去1年間の平年偏差   +0.62 ℃  年平均気温歴代順位 6位

2017年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.69 ~ +0.79 ℃、昨年比-0.08 ~ -0.18 ℃ 歴代順位 2016年に次ぎ2~5位
世界: 平年比 +0.41 ~ 0.42 ℃、歴代順位 2016年に次ぎ2~4位
===========================
昨日の15地点の日平均気温の平年偏差の平均はー1.19℃で4日連続のマイナス偏差となった。15地点中11地点で平年比マイナス、2地点でプラス、網走と寿都は平年値だった。偏差値が大きかったのは、名瀬の平年比ー3.8℃、伏木の同ー3.3℃、根室の同+2.7℃、境の同ー2.6℃、山形の同ー2.4℃で、日本海側の低温が目立った。これまで大幅な低温だった北海道は平年並みからプラス側に振れた。


今朝の最低気温は西日本で低かった。今日、明日の気温がどの程度上昇するのか注目される。その後はまた低めの気温が予想されている。沖縄・奄美を除き、この先極端な高温予想は影を潜めている。ひところの予想からはかなり変化してきている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昨日は沖縄を除き低温 [国内]

2017年6月13日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

本年の年換算平年偏差  +0.48 ℃  平年値換算歴代順位 9位
本年の年換算対前年偏差 -0.57 ℃  前年値換算歴代順位 11位
過去1年間の平年偏差   +0.62 ℃  年平均気温歴代順位 6位

2017年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.69 ~ +0.79 ℃、昨年比-0.08 ~ -0.18 ℃ 歴代順位 2016年に次ぎ2~5位
世界: 平年比 +0.41 ~ 0.42 ℃、歴代順位 2016年に次ぎ2~4位
===========================
昨日の15地点の日平均気温の平年偏差の平均はー2.23℃と3日連続のマイナス偏差となった。15地点中日平均気温が平年を上回ったのは石垣島の平年比+2.1℃の1観測点のみであった。一方、15地点中、日平均気温の平年偏差のマイナス幅が大きかった観測点は、伏木のー4.2℃、境のー3.8℃、浜田のー3.7℃、名瀬のー3.6℃、山形のー3.5℃と日本海側の観測点が並んだ。


この3日間の低温で、統計値も若干動き、15地点の日平均気温の昨年への偏差の年初からの積算がプラスの観測点がなくなった。網走がまたマイナスとなったからである。また、昨年比での低温傾向が顕著だったため、昨年値基準の年平均気温の歴代推定順位も11位に後退した。


梅雨の降水量は少なめに推移しているが、気温は梅雨らしいものとなっている。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昨日は全国的に低温傾向だった

2017年6月12日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

本年の年換算平年偏差  +0.50 ℃  平年値換算歴代順位 9位
本年の年換算対前年偏差 -0.56 ℃  前年値換算歴代順位 10位
過去1年間の平年偏差   +0.63 ℃  年平均気温歴代順位 6位

2017年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.69 ~ +0.79 ℃、昨年比-0.08 ~ -0.18 ℃ 歴代順位 2016年に次ぎ2~5位
世界: 平年比 +0.41 ~ 0.42 ℃、歴代順位 2016年に次ぎ2~4位
===========================
昨日の15地点の日平均気温の平年偏差の平均はー2.59℃と2日連続のマイナス偏差となった。15地点中日平均気温が平年比プラスとなったのは石垣島のみで、銚子は平年並みだった。15地点中日平均気温が平年比プラスとなった13地点の中でマイナス偏差が大きかった観測点は、網走の平年比ー7.2℃、山形の同ー4.6℃、伏木の同ー3.7℃、境の同ー3.4℃、石巻の同ー3.3℃、浜田の同ー3.0℃の順で、網走の異常低温が目立った。


昨日の低温で、石巻の日平均気温の1990年比の偏差の年初からの積算値がマイナスに転じた。これで15地点中、過去最高年比の偏差の年初からの積算がプラスの観測点はなくなった。


昨日気象庁は異常天候早期警戒情報を更新したが、これまでだされていた南九州の異常低温情報が6月17日以降の1週間継続された。


今朝も北海道では気温が低く、最低気温が氷点下となった地点が10か所以上ある。この時期の低温の異常天候早期警戒情報が出されていてもよかったのだろう。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

4日ぶりにマイナス偏差になった [国内]

2017年6月11日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

年換算平年偏差  +0.52 ℃  平年値換算順位 9位
年換算対前年偏差 -0.54 ℃  前年値換算順位 10位

2017年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.69 ~ +0.79 ℃、昨年比-0.08 ~ -0.18 ℃ 歴代順位 2016年に次ぎ2~5位
世界: 平年比 +0.41 ~ 0.42 ℃、歴代順位 2016年に次ぎ2~4位
===========================
昨日の15地点の日平均気温の平年偏差はー1.29℃で4日ぶりにマイナス偏差となった。15地点中プラス偏差となったのは銚子、名瀬と石垣島の3観測点で、名瀬の日平均気温は平年比+3.0℃とプラス偏差が大きかった。一方マイナス偏差となった12地点中、網走は平年比ー5.3℃、根室がー4.3℃、伏木がー3.4℃で、これまで高温だった北海道の一部の地域が一挙に大幅なマイナス偏差となった。


本日の最低気温も北海道や日本海側で大幅なマイナス偏差となった。


これまで本年の年平均気温が歴代何位になるかという指標の推移を中心に示してきたが、今日からは過去1年間の気温水準が歴代何位に当たるかも示すこととした。昨年は歴代1位の年平均気温となったが、その後その水準が徐々に下がり、現在歴代6位の水準である。


そのグラフを示す。


Order-Stats20170611.jpg

過去365日間の平均気温の年平均気温と比較した順位を水色で示している。

年初は、昨年の高温の余韻が残り3月中旬まで歴代1位の年間(365日)平均気温の水準であったものが、その後順位を下げ、4月中旬から本年の年平均気温の歴代の推定順位となっていたが、5月の下旬からその順位を下回ったことが分かる。


このような気温推移は、皆様の体感と一致しているだろうか?少なくとも、本年が昨年ほどの高温ではないことは実感していると思う。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

網走の気温が昨年の水準を上回った [国内]

2017年6月10日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

年換算平年偏差  +0.53 ℃  平年値換算順位 9位
年換算対前年偏差 -0.52 ℃  前年値換算順位 10位

2017年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.69 ~ +0.79 ℃、昨年比-0.08 ~ -0.18 ℃ 歴代順位 2016年に次ぎ2~5位
世界: 平年比 +0.41 ~ 0.42 ℃、歴代順位 2016年に次ぎ2~4位
===========================
昨日の東京は、午後から気温が上昇し、練馬の最高気温は32.1℃になり、予想通りの高温だった。全国的にも気温が高い地域が多く、15地点の日平均気温の平年偏差の平均は+0.58℃、15地点中9地点で平年比プラス、6地点でマイナスだった。


網走の日平均気温は平年比+4.2℃と異常高温が継続した。この数日の高温により網走の日平均気温の昨年比の偏差の年初からの積算値がプラスに転じた。


今日の湘南地方は曇り空で、気温の上昇は鈍い。この数日は、本年最高気温などの高温側の記録が目立ったが、今朝の北陸の最低気温は低く、富山県の測定点では、6月として最低気温の記録を更新したところがかなりあった。、石川、福井及び長野県にも6月の最低気温記録を更新した測定点があった。


今日は網走のグラフを見る。

20170610Abashiri.jpg

網走の本年の気温は平年より高めに推移しているが、4月以降、平年比の黒線は上下変動が大きい。寒暖の差が大きいことを示している。5月の中旬から下旬にかけて昨年比の緑線が急降下し、5月22日以降マイナス圏に入っていた。ところが、6月に入って昨年より高めの気温が継続し、昨日緑線はプラス圏に戻った。


このまま高めの気温が継続すると、網走の4指標すべてがプラス圏内に入る可能性があるが、今日の網走の気温は昨日よりだいぶ低い。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昨日は南九州・奄美以外は高温だった [国内]

2017年6月9日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

年換算平年偏差  +0.53 ℃  平年値換算順位 9位
年換算対前年偏差 -0.52 ℃  前年値換算順位 10位

2017年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.69 ~ +0.79 ℃、昨年比-0.08 ~ -0.18 ℃ 歴代順位 2016年に次ぎ2~5位
世界: 平年比 +0.41 ~ 0.42 ℃、歴代順位 2016年に次ぎ2~4位
===========================

昨日の15地点の日平均気温の平年偏差の平均は+1.52℃、15地点中、宮崎と名瀬を除く13地点がプラス偏差だった。網走の日平均気温は平年比+6.3℃、根室が同+5.8℃で、北海道の一部地域が異常高温となった。


梅雨入りした関東だが、本日は梅雨の晴れ間で気温が上昇する予想となっている。ただ、現在予想ほど晴れてはいないようだ。


昨年もそうだったと記憶しているが、梅雨前線よりはるか北に離れた北海道で降水が多い状態となっている。


本日の気温がどの程度で、気温統計をどの程度押し上げるか注目している。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

九州南部に低温の異常天候早期警戒情報が発表された [国内]

2017年6月8日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

年換算平年偏差  +0.52 ℃  平年値換算順位 9位
年換算対前年偏差 -0.53 ℃  前年値換算順位 10位

2017年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.69 ~ +0.79 ℃、昨年比-0.08 ~ -0.18 ℃ 歴代順位 2016年に次ぎ2~5位
世界: 平年比 +0.41 ~ 0.42 ℃、歴代順位 2016年に次ぎ2~4位
===========================
昨日の15地点の日平均気温の平年偏差の平均は+0.16℃とわずかなプラス偏差となった。1週間ぶりのプラス偏差であるが、15地点中7地点でプラス、7地点でマイナス、多度津が平年並みであり、全国的に見るとほぼ平年並みの気温となった。網走の日平均気温は平年比+3.7℃、飯田が同ー2.2℃と偏差が大きかったが、その他の観測点の偏差は小さかった。


気象庁は昨日異常天候早期警戒情報を更新し、6月13日ころからの1週間、九州南部の気温がかなり低いとした。低温の異常天候早期警戒情報は、4月22日頃からの1週間、北海道沖縄・奄美の気温が低いとして以来52日ぶりである。本年の低温の異常天候早期警戒情報は、すべて1週間持たず、その途中で情報が修正されてしまっている。今回はどうなるか?


明日の東京の気温は30℃を超える予想となっている。


今日は宮崎のグラフを見る。


20170608Miyazaki.jpg

宮崎の本年の気温は1998年と比較するとだいぶ低いが、4月以降高めの気温が継続している。現在、平年比の黒線が少し下を向いたが、この傾向が続くのであろうか?

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

関東甲信から西が梅雨入りした [国内]

2017年6月7日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

年換算平年偏差  +0.52 ℃  平年値換算順位 9位
年換算対前年偏差 -0.52 ℃  前年値換算順位 10位

2017年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.69 ~ +0.79 ℃、昨年比-0.08 ~ -0.18 ℃ 歴代順位 2016年に次ぎ2~5位
世界: 平年比 +0.41 ~ 0.42 ℃、歴代順位 2016年に次ぎ2~4位
===========================
昨日の15地点の日平均気温の平年偏差の平均はー0.11℃とわずかなマイナス偏差となった。これで6日連続のマイナス偏差である。15地点中、日平均気温の平年偏差幅が大きかったのは、宮崎の平年比ー2.5℃、飯田の同ー2.3℃、網走の同+2.5℃、名瀬の同+1.9℃で、その他の観測点の偏差幅は小さかった。


昨日気象庁は、中国四国近畿東海関東甲信が梅雨入りしたとみられると発表した。ほぼ平年並みの梅雨入りとなった。梅雨の晴れ間には高温が予想されているが、しばらくは気温の低い日が多くなるかもしれない。


昨日の低温で、飯田の日平均気温の平年比の年初からの積算がマイナスに戻り、彦根の日平均気温の過去5年平均比の年初からの積算がマイナスに戻った。平年比の積算がマイナスの観測点は、15地点中飯田と名瀬の2観測点、過去5年平均比でマイナスの観測点は根室、飯田、彦根、宮崎、名瀬、石垣島の6観測点となった。


今日は、それらの飯田と彦根のグラフを見る。


まず飯田。


20170607Iida.jpg

飯田は現在4指標すべてがマイナス圏内にある。昨年は年間を通じて気温が高めに推移した観測点であるが、本年はその様子がすっかり変わり、グラフの形状が昨年とは全く異なる。


続いて彦根。


20170607Hikone.jpg

彦根は昨年が過去最高年である。現在平年比を除く3指標がマイナス圏内に入っている。



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昨日は北海道が高温なれど全国的にはやや低温 [国内]

2017年6月6日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

年換算平年偏差  +0.53 ℃  平年値換算順位 9位
年換算対前年偏差 -0.51 ℃  前年値換算順位 10位

2017年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.69 ~ +0.79 ℃、昨年比-0.08 ~ -0.18 ℃ 歴代順位 2016年に次ぎ2~5位
世界: 平年比 +0.41 ~ 0.42 ℃、歴代順位 2016年に次ぎ2~4位
===========================
昨日の15地点の日平均気温の平年偏差の平均はー0.57℃で、5日連続のマイナス偏差となった。15地点中、日平均気温が平年を上回ったのは、網走、名瀬と石垣島の3観測点で、網走の平年偏差は+2.4℃とやや大きかった。多度津は平年並みで、その他の11観測点は平年比マイナス偏差だった。このうちマイナス偏差幅が大きかった観測点は石巻のー3.2℃1か所で、その他は平年値に近かった。


鹿児島気象台と九州管区気象台は、昨日九州南部と九州北部が梅雨入りしたとみられると発表した。平年よりやや遅くなった。関東も梅雨空を思わせるが、週末の高温を控え、梅雨入りとするか微妙となっているようだ。


ここのところ各種統計値が大きく動くことはなく、この時期の気温といえる、今週末には北日本を除き気温上昇が予想されている。


昔は、インドのモンスーンが日本にまで時期を追ってやってくるといった解説を聞いた。すでにインドシナや中国はモンスーンや停滞前線の降水があるが、インドは雨がなく暑い天気が続いているようだ。インドから梅雨がやってくるという説明は正しくないだろう。インドがモンスーンの影響を受けて大雨となる映像は、いつも日本の梅雨入りより後に見られる。



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

全国的な低温が継続した [国内]

2017年6月5日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

年換算平年偏差  +0.53 ℃  平年値換算順位 9位
年換算対前年偏差 -0.51 ℃  前年値換算順位 10位

2017年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.69 ~ +0.79 ℃、昨年比-0.08 ~ -0.18 ℃ 歴代順位 2016年に次ぎ2~5位
世界: 平年比 +0.41 ~ 0.42 ℃、歴代順位 2016年に次ぎ2~4位
===========================
昨日の15地点の日平均気温の平年偏差は、名瀬と石垣島でわずかなプラス偏差となったが、他の13地点はマイナス偏差で、15地点の平均偏差はー1.89℃となり、4日連続のマイナス偏差となった。一昨日大幅なマイナス偏差となった北海道では最高気温は高くなったが、午前中が低温だったため日平均気温の上昇程度はそれほど大きくなかった。


15地点中日平均気温の平年偏差のマイナス幅が大きかったのは、網走のー5.7℃、山形のー4.1℃、根室のー3.9℃、石巻のー2.9℃、寿都のー2.8℃の順であった。


気象庁は昨日異常天候早期警戒情報を更新し、6月10日以降の1週間も引き続き沖縄の気温が高いとした。きょうから沖縄の異常高温の予報期間に入る。


沖縄・奄美を除く日本各地は4月以降継続した高温偏差となってきた。その傾向がここにきて若干ブレーキがかかった。一方、沖縄・奄美は4月以降はほぼ平年並みの気温が続いてきた。この傾向に変化が現れるだろうか?


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感