So-net無料ブログ作成
検索選択

高温の異常天候早期警戒情報は九州南部から南のみとなった [国内]

2017年8月7日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

本年の年換算平年偏差  +0.64 ℃  平年値換算歴代順位 6位
本年の年換算対前年偏差 -0.37 ℃  前年値換算歴代順位 9位
過去1年間の平年偏差   +0.66 ℃  年平均気温歴代順位 6位

2017年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.69 ~ +0.79 ℃、昨年比-0.08 ~ -0.18 ℃ 歴代順位 2016年に次ぎ2~5位
世界: 平年比 +0.41 ~ 0.42 ℃、歴代順位 2016年に次ぎ2~4位
===========================
昨日台風第5号は昨日四国東部をかすめて紀伊半島に上陸し、富山湾に抜けた。当地では今朝の3時台の風が強かった。台風の経路に沿った地域の気温は低くなった。また、北海道で気温が低いところがあった。それでも15地点の日平均気温の平年偏差の平均は+どで4日連続のプラス偏差となった。


15地点中10地点でプラス偏差、5地点で-偏差となった。15地点中プラス偏差が大きかったのは、銚子の+3.1℃、宮崎の+2.8℃、伏木の+2.5℃、山形の+2.4℃の順で、-偏差が大きかったのは網走のー2.0℃だった。


昨年比ではマイナス偏差となり、365日移動平均は14.8259℃まで低下した。6月28日の極小値である14.7418℃にどこまで近づくかが当面の注目点であることには変わりない。


昨日気象庁は異常天候早期警戒情報を更新し、これまで東北日本海側から以南に発表されていた異常高温の対象地域を8月12日以降は九州南部、沖縄・奄美のみとした。日本地図が一気に白くなった。この時期の南日本の気温の変動は小さく、気温偏差の値が少しでも大きいと確率的には異常値となる。したがって、異常高温といってもせいぜい+2℃どまりのことが多い。


アメリカの南東部の洪水の映像が配信されている。降水量100㎜といっても、広い範囲に降水がもたらされることから、降水量の総量が多くなるものとみられ、洪水の水量が多い印象を受ける。ベトナムでも洪水があったようだ。


地中海地方の高温は続いている。イギリスは高温は戻らないようだ。この夏のアメリカでは、デンバーで40℃になって驚いたが、ここの所デンバーの気温は通常の値に戻っている。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

台風の影響で気温が上昇した [国内]

2017年8月6日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

本年の年換算平年偏差  +0.64 ℃  平年値換算歴代順位 6位
本年の年換算対前年偏差 -0.37 ℃  前年値換算歴代順位 9位
過去1年間の平年偏差   +0.66 ℃  年平均気温歴代順位 6位

2017年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.69 ~ +0.79 ℃、昨年比-0.08 ~ -0.18 ℃ 歴代順位 2016年に次ぎ2~5位
世界: 平年比 +0.41 ~ 0.42 ℃、歴代順位 2016年に次ぎ2~4位
===========================
昨日は台風第5号の影響で、中国地方の日本海側などにフェーンが発生し、気温が上昇した。島根県を中心に、気象庁の役900地点の観測点中12地点で最高気温の観測史上最高記録を更新した。猛暑日観測地点も111に達し、これもこの夏最大の数となった。


一方、北海道の気温は下がってきており、台風第5号直接的影響を受けた九州南部の気温は低かった。15地点の日平均気温の平年偏差の平均は+1.59℃で、3日連続のプラス偏差となった。昨年比でも+0.13℃とわずかにプラス偏差となった。こちらは11日ぶりのプラス偏差である。


15地点中日平均気温が平年比マイナスとなったのは網走、根室と宮崎の3観測点で、其の他12観測点はプラス偏差だった。この中で、境と浜田は平年比+4.9℃と大幅な高温偏差となった。これは台風からの南風がフェーンを引き起こしたためだ。


朝方は晴れていた湘南地方も曇ってきた。これから台風㈹5号の影響が当地にも及ぶだろう。その前に、西日本には大量の降水をもたらしている。台風の影響で気温上昇が予想されている。


国外では、南部ヨーロッパが猛暑となっている。これまでのギリシャやイタリア南部に加えて、スペインやポルトガルの気温が高い。一方、イギリスは夏は終わった感じが漂ってきている。アメリカ東北部は急に気温が下がってきたが、こちらはこのまま夏が終わることはないのだろう。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

台風5号の被害と西日本の猛暑のダブルパンチ [国内]

2017年8月5日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

本年の年換算平年偏差  +0.63 ℃  平年値換算歴代順位 6位
本年の年換算対前年偏差 -0.37 ℃  前年値換算歴代順位 9位
過去1年間の平年偏差   +0.66 ℃  年平均気温歴代順位 6位

2017年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.69 ~ +0.79 ℃、昨年比-0.08 ~ -0.18 ℃ 歴代順位 2016年に次ぎ2~5位
世界: 平年比 +0.41 ~ 0.42 ℃、歴代順位 2016年に次ぎ2~4位
===========================

台風第5号は奄美地方に豪雨をもたらしている。奄美地方では1日で500㎜とか600㎜という驚異的な雨量となっている観測点がある。一方西日本を中心に猛暑となり、気象庁の約900観測点中108となり、この夏最大となった。真夏日地点も585で、この夏9番目の数字である。


15地点の日平均気温の平年偏差の平均は+1.03℃で2日連続のプラス偏差となった。15地点中9地点でプラス偏差、6地点でマイナス偏差、銚子は平年値だった。酒井の日平均気温は平年比+4.3℃、浜田は同+4.0℃と異常高温となった。一方15地点中マイナス偏差最大の観測点は網走のー2.1℃だった。


15地点の日平均気温の昨年比の平均偏差はー0.21℃とわずかなマイナス偏差となり、昨年比では10日連続のマイナス偏差となった。


今日は広島の原爆記念日。広島の原爆記念日と長崎の原爆記念日の間が最も気温の高い頃となる。本年は、この時期に台風第5号の荒れた天気となる。この天気は気温にも影響が出るはずで、本年の統計値にも影響を与えるだろう。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

15地点の日平均気温は3日ぶりにプラス偏差となった [国内]

2017年8月4日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

本年の年換算平年偏差  +0.63 ℃  平年値換算歴代順位 6位
本年の年換算対前年偏差 -0.37 ℃  前年値換算歴代順位 9位
過去1年間の平年偏差   +0.66 ℃  年平均気温歴代順位 6位

2017年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.69 ~ +0.79 ℃、昨年比-0.08 ~ -0.18 ℃ 歴代順位 2016年に次ぎ2~5位
世界: 平年比 +0.41 ~ 0.42 ℃、歴代順位 2016年に次ぎ2~4位
===========================

昨日の国内の気温は西高東低が顕著であった。特に中国地方日本海側の気温が高く、北海道の低温を十分埋め合わせてしまった。15地点の日平均気温の平年偏差の平均は+0.43℃で、3日ぶりにプラス偏差に戻った。15地点中9地点でプラス偏差、6地点でマイナス偏差だった。


15地点中プラス偏差が大きかったのは、浜田の平年比+3.6℃、境の同+3.4℃、多度津の同+2.9℃の順であった。一方マイナス偏差が大きかったのは、網走の平年比ー2.7℃、石巻の同=2.1℃の順であった。


気象庁の約900の観測点中真夏日観測点は477でこの夏17番目の数であったが猛暑日観測点は97で、これはこの夏最大の地点数であった。西日本の高温がこの結果に結びついている。


昨年比では9日連続のマイナス偏差となり、365日移動平均も低下した。本日以降は東日本の気温も高温傾向に戻ることから、今後もこの傾向が続くかどうかが注目される。


昨日までの低温により、網走の日平均気温の1990年比の偏差の年初からの積算がマイナスに転じた。これで、15地点中過去最高年比の偏差の連署からの積算がプラスの観測点は石巻のみとなった。


網走のグラフを見る。

20170804Abashiri.jpg

昨年比の緑線の直近での急降下が目立つ。15地点平均の昨年比マイナス偏差は北海道の直近での低温の降下が大きい。

365日移動平均のグラフを見る。

MovingAverage.jpg

右端でグラフが下を向いているのが、このスケールのグラフでもようやく見えてきた。すなわち、7月2日以降続いてきた一方的な上昇傾向は変化している。


アメリカでは北西部の高温が話題となっている。普段それほど気温が上昇しないブリティッシュコロンビア州やオレゴン州で最高気温が華氏で三桁(38℃以上)となった。高温に慣れていない地域であるため、この高温は堪えるようだ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東北日本海側まで高温の異常天候早期警戒情報の地域が拡大した [国内]

2017年8月3日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

本年の年換算平年偏差  +0.63 ℃  平年値換算歴代順位 6位
本年の年換算対前年偏差 -0.37 ℃  前年値換算歴代順位 9位
過去1年間の平年偏差   +0.67 ℃  年平均気温歴代順位 6位

2017年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.69 ~ +0.79 ℃、昨年比-0.08 ~ -0.18 ℃ 歴代順位 2016年に次ぎ2~5位
世界: 平年比 +0.41 ~ 0.42 ℃、歴代順位 2016年に次ぎ2~4位
===========================

昨日も関東から北日本で気温が低く、西日本の気温が高かったものの15地点の日平均気温の平年偏差の平均はー0.27℃と2日連続のマイナス偏差となった。昨年比では8日連続のマイナス偏差となっている。ただ、15地点中では平年比プラスとなった地点が8、マイナスが6地点で伏木が平年値となるなど、平年比プラスの地点の方が多かった。


根室の日平均気温は平年比ー3.7℃と大幅なマイナス偏差で、続いて山形のー2.9℃、石巻のー2.0℃と北日本でマイナス偏差が大きかった。一方西日本はプラス偏差となったものの+2.0℃以上のプラス偏差となった観測点はなかった。


これまでの一方的に高温偏差が連続してきたが、ようやくマイナス偏差の日も出るようになってきた。しかし、7月2日以降の気温上昇傾向に変化が出たようには見えない。


昨日系省庁は異常天候早期警戒所法を更新し、高温の異常天候の対象地域をこれまでの北陸東海以西から8月8日以降は関東甲信と東北日本海側を追加した。まだまだ暑い日が続きそうである。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北陸と東北の梅雨明けが発表された [国内]

2017年8月2日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

本年の年換算平年偏差  +0.63 ℃  平年値換算歴代順位 6位
本年の年換算対前年偏差 -0.36 ℃  前年値換算歴代順位 9位
過去1年間の平年偏差   +0.67 ℃  年平均気温歴代順位 6位

2017年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.69 ~ +0.79 ℃、昨年比-0.08 ~ -0.18 ℃ 歴代順位 2016年に次ぎ2~5位
世界: 平年比 +0.41 ~ 0.42 ℃、歴代順位 2016年に次ぎ2~4位
===========================

昨日の15地点の日平均気温の平年偏差の平均はー0.25℃で実に36日ぶりのマイナス偏差となった。15地点中7地点でプラス偏差、7地点でマイナス偏差、寿都は2日連続で平年値だった。北日本と東日本で気温が低く、西日本と南日本の気温が高く、日本地図がきれいに2分された気温分布であった。


根室の日平均気温の平年偏差はー2.4℃で、15地点中で平年偏差の絶対値最大の観測点となった。続いて山形の平年比ー2.3℃、宮崎の同+1.9℃の2地点が偏差幅の大きな観測点だった。


昨年比では7日連続のマイナス偏差となっており、365日移動平均も7日連続で低下した。


昨日気象庁は北陸東北の梅雨明けを発表した。8月に入ってからの梅雨明けとなった。梅雨のない北海道を除いて、全国で梅雨明けしたことになる。ただ、温暖化の影響で北海道にも梅雨前線がかかるようになってきたことから、このような説明は通用しなくなってきたといわれる。


これまで、全国的に最低気温が極めて高い状態が継続してきたが、今朝の東日本の最低気温は平年を下回っている。


台風第5号が沖縄、奄美に影響を与えてきた。今後九州にも影響が表れそうである。夏のレジャーへの影響も心配される。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

35日連続のプラス偏差 [国内]

2017年8月1日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

本年の年換算平年偏差  +0.64 ℃  平年値換算歴代順位 6位
本年の年換算対前年偏差 -0.36 ℃  前年値換算歴代順位 9位
過去1年間の平年偏差   +0.67 ℃  年平均気温歴代順位 6位

2017年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.69 ~ +0.79 ℃、昨年比-0.08 ~ -0.18 ℃ 歴代順位 2016年に次ぎ2~5位
世界: 平年比 +0.41 ~ 0.42 ℃、歴代順位 2016年に次ぎ2~4位
===========================

昨日の午後には地元神奈川県で大雨が降り、それに伴い気温が低下した。ただ、全国的に見ると高温が継続しており、15地点の日平均気温の平年偏差の平均は+0.31℃で、35日連続のプラス偏差となった。15地点中8地点でプラス偏差、6地点でマイナス偏差、寿都では平年値だった。宮崎の日平均気温が平年比+2.3℃で、15地点中偏差の絶対値最大の観測点となった。それ以外の観測点の偏差の絶対値は小さかった。


気象庁の約900の観測点中、真夏日地点は434、猛暑日地点は19で、依然として高水準である。本日は西日本では、この夏一番の高温になるところが多い様だ。


それでも昨年比ではマイナスが継続しており、365日移動平均も低下を継続している。なお、昨年はこの辺りから北海道の気温は低下傾向にあった。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

34日連続のプラス偏差だが365日移動平均は5日連続のマイナスとなった [国内]

2017年7月31日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

本年の年換算平年偏差  +0.64 ℃  平年値換算歴代順位 6位
本年の年換算対前年偏差 -0.35 ℃  前年値換算歴代順位 9位
過去1年間の平年偏差   +0.68 ℃  年平均気温歴代順位 6位

2017年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.69 ~ +0.79 ℃、昨年比-0.08 ~ -0.18 ℃ 歴代順位 2016年に次ぎ2~5位
世界: 平年比 +0.41 ~ 0.42 ℃、歴代順位 2016年に次ぎ2~4位
===========================

昨日は全国的な高温が復活し、気象庁の約900の観測点中583で真夏日、80で猛暑日となった。猛暑日地点数は7月21日の97に次いで、この夏2番目に多い数となった。鹿児島沖縄では過去最高あるいは7月として最高の気温を記録したところもあった。


昨日の15地点の日平均気温の平年偏差の平均は+1.05℃で34日連続のプラス偏差となった。15地点中日平均気温が平年を下回ったのは、根室と寿都の2観測点のみで、その偏差はともに―0.2℃だった。一方、プラス偏差となった13地点中、プラス偏差が大きかったのは宮崎の+2.3℃、飯田の+2.1℃だった。


昨年のこの時期は気温が高く、特に北日本の気温が高かったため、昨年比では5日連続のマイナス偏差となり、365日移動平均の値も5日連続で低下した。


今日も西日本、南日本は高温が継続している。


昨日気象庁は異常天候早期警戒情報を更新し、8月5日頃からの1週間、北陸東海以西、沖縄までの地域の気温が異常に高くなるとした。日本地図の西側半分が真っ赤になった。


台風第5号は西日本への上陸の可能性が高まっている。


ヨーロッパでは、ローマの最高気温は40℃、ロンドンは20℃と差が出てきた。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

15地点の日平均気温の平年偏差は33日連続のプラスとなった [国内]

2017年7月30日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

本年の年換算平年偏差  +0.64 ℃  平年値換算歴代順位 6位
本年の年換算対前年偏差 -0.35 ℃  前年値換算歴代順位 9位
過去1年間の平年偏差   +0.68 ℃  年平均気温歴代順位 6位

2017年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.69 ~ +0.79 ℃、昨年比-0.08 ~ -0.18 ℃ 歴代順位 2016年に次ぎ2~5位
世界: 平年比 +0.41 ~ 0.42 ℃、歴代順位 2016年に次ぎ2~4位
===========================
昨日の15地点の日平均気温の平年偏差の平均は+0.63℃で、33日連続のプラス偏差となった。ただ、昨年は7月26日までは気温は低めで、その後は気温が上昇したため、昨年比では7月27日以降4日連続のマイナス偏差となっている。そのため、15地点の日平均気温の365日移動平均も4日連続で低下した。


昨日は15地点中11地点で日平均気温が平年比プラス、3地点でマイナス、飯田は平年値だった。偏差の絶対値が最大だったのは、名瀬のプラス2.1℃で、極端な高低はなかった。


今日は各地で高温が予想され、熱中症対策が重要となる。一方、台風第5号が発達し、不気味な動きとなっている。


今日は富士山の気圧と東京の気温の過去400日の比較グラフを見る。

20170730TokyoTemp-FujiPressure.jpg

昨年の東京の気温は8月9日に突出して高かったが、7月から8月が平坦状に見える。本年は7月下旬にピークがあったように見える。東京の気温の平年値は8月6日から8月9日にかけてが一番高いのだが、本年はどうなるか?


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

15地点の日平均気温の平年偏差が32日連続でプラス偏差となった [国内]

2017年7月29日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

本年の年換算平年偏差  +0.64 ℃  平年値換算歴代順位 6位
本年の年換算対前年偏差 -0.35 ℃  前年値換算歴代順位 9位
過去1年間の平年偏差   +0.68 ℃  年平均気温歴代順位 6位

2017年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.69 ~ +0.79 ℃、昨年比-0.08 ~ -0.18 ℃ 歴代順位 2016年に次ぎ2~5位
世界: 平年比 +0.41 ~ 0.42 ℃、歴代順位 2016年に次ぎ2~4位
===========================

本年夏の高温は峠を越えたと思われるが、昨日の15地点の日平均気温の平年偏差の平均は+0.33℃で、32日連続のプラス偏差となった。15地点中10地点で日平均気温は平年比プラス偏差、5地点でマイナス偏差だった

。15地点中、偏差の絶対値が最大の観測点は宮崎の+1.8℃だった。


昨日の山形の日平均気温は平年比ー1.2℃であり、一昨日プラスに転じた過去最高年比の偏差の年初からの積算は、またマイナスに転じた。これで、15地点中過去最高年比でプラス偏差の観測点が1日で網走と石巻の2観測点に戻った。


15地点の日平均気温の平均の365日移動平均は3日連続して下降した。7月28日の14.8518℃が直近の極大になった可能性がある。


今日は伏木のグラフを見る。


20170729Fushiki.jpg

伏木では、7月25日が直近のピークになった可能性がある。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感