So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
東アジア ブログトップ

15日ぶりのマイナス偏差 [東アジア]

2018年4月7日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

本年の年換算平年偏差  +0.39 ℃  平年値換算歴代順位 10位
本年の年換算対前年偏差 +0.07 ℃  前年値換算歴代順位 11位
過去1年間の平年偏差   +0.28 ℃  年平均気温歴代順位 13位

2018年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.26 ~ +0.44 ℃、昨年比±0.0 ~ +0.18 ℃ 歴代順位 10~14位
世界: 平年比 +0.30 ~ 0.31 ℃、歴代順位 3~4位
===========================

昨日の15地点の日平均気温の平年偏差の平均はー2.35℃と15日ぶりのマイナス偏差となった。15地点中銚子の日平均気温hア」平年比+3.0℃と大幅なプラス偏差だったが、その他14地点はマイナス偏差となった。石垣島の日平均気温は平年比-5.2℃、宮崎は同ー4.9℃、名瀬は同ー4.7℃と南日本のマイナス偏差が大幅だった。続いて、境の同ー4.5℃、浜田の同ー3.4℃と続いた。


平年比では15日ぶりのマイナス偏差だったが、昨年比では4日連続のマイナス偏差、そして2日連続で15地点平均でー6℃を超えるマイナス偏差幅となった。それにより、365日移動平均のグラフは形の変化したが次のグラフでわかるだろうか?

MovingAverage.jpg


年初からの積算偏差がプラスの観測点数もここで変化が激しい。グラフを見る。

Plus-Stats20180407.jpg

今朝の最低気温も西日本ではかなり低く、4月の最低気温の記録を更新した観測点が4カ所あった。


関東の気温はあまり下がらないが、この2,3日でさらにどれだけ統計値が動くか注目している。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

気象庁の200を超える観測点で3月の最高気温記録を更新した [東アジア]

2018年3月28日現在の国内の15観測地点の日平均気温統計

本年の年換算平年偏差   0.15 ℃  平年値換算歴代順位 21位
本年の年換算対前年偏差 -0.14 ℃  前年値換算歴代順位 23位
過去1年間の平年偏差   +0.22 ℃  年平均気温歴代順位 16位

2018年の年平均気温の予測値
日本: 平年比 +0.26 ~ +0.44 ℃、昨年比±0.0 ~ +0.18 ℃ 歴代順位 10~14位
世界: 平年比 +0.30 ~ 0.31 ℃、歴代順位 3~4位
===========================

昨日は全国的に高温で、特に北海道東北の気温が高くなった。15地点の日平均気温の平年偏差の平均は+5.93℃で、本年1位のプラス偏差幅となった。2日連続で15地点すべてで日平均気温が平年を上回った。網走の日平均気温は平年を13.8℃も上回った。もちろん、本年最大の偏差幅である。続いて、寿都の日平均気温が平年比+8.4℃、伏木が同+8.0℃、山形が同+7.7℃、根室が同+7.3℃、石巻が同+6.5℃と大幅なプラス偏差となった。

名瀬と石垣島を除く13地点で偏差幅は+3度を上回った。気象庁の約900地点の観測点のうち実に218地点で3月の最高気温の記録を塗り替えた。北海道と青森県、岩手県での記録更新が目立ったが、岐阜県などでも多数の更新地点があった。

昨日の高温で、網走の気温水準が1990年の水準を超えた。それ以外にも、気温水準の統計値に大きな変化が生じた。グラフを見る。

Plus-Stats20180328.jpg

年平均気温の推定順位も上昇が続いた。

Order-Stats20180328.jpg

今日は網走のグラフを見る。

20180328Abashiri.jpg

直近での急激な気温上昇が読み取れる。

今日も各地で初夏の陽気となるようだが、北海道の気温は下がってくるとのこと。

それでも、しばらくは気温水準の上昇は継続するだろう。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今朝は気象庁サイトに全くアクセスできず [東アジア]

昨晩はサクサクとアクセスで着ていたので油断していたら、今朝は気象庁サイトにアクセスでき開かった。最終アドレスを直接指定してもアクセスできなかった。

市内の警備は厳重に見える。最徐行して走行するパトロールカーの存在がいようだった。道路ブロックも各所にある。

まだ緑化されていない地域の緑化工事の状況を見た。基本的に人海戦術のようだった。最初に道路に沿って溝を掘る作業には銃器が使用されるのだろうが、その工事はすでに終わっているところしか見られなかった。その後の作業は、峰らの枝を挿して作った苗木を植えこむ作業、その後の水遣り作業など、バイクで集まってきている作業員が大勢集まって手作業で行っていた。このような作業に、たとえ安いとはいえ人件費を払うことができる点が素晴らしい。最初のうちは作業を怠ると努力は水泡に帰すのだから、かなりの労働力を必要とするはずだ。 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中国北西部で降雪 [東アジア]

CCTVを観ていたら、中国北西部で季節外れの降雪のニュースを流していた。

揚子江周辺の大雨と観光船の沈没事故が大きく報道されているが、その裏で、ほかの異常天候もあるようだ。

大雨の被害は、かなり広範囲にわたっているようだ。
南京では、バスの乗客20名余りが閉じ込められた

一方で、中国北西部(ガンスー プロバンス)では、最低気温が-9℃となり、一面銀世界の映像が流れていた。ここのところ干ばつで悩まされていた地方で、恩恵をもたらしたの報道だった。

北京は最高気温は32度、最低気温が20度程度の日が続いている。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ミャンマーの干ばつ [東アジア]

ロイターによると、ミャンマーはこの4月から干ばつに悩まされているという。
農業用水どころか飲み水もなくなってきたようだ。

給水車に群がる住民の映像が流れている。

今年はモンスーンの開始時期がだいぶ遅れているという。

沖縄は梅雨入りしたが、ミャンマーは雨期に入らないようだ。

カリフォルニア州などアメリカ南西部の干ばつは大きく報道されてきたが、アジアでも水不足が発生している。

昨日の米国の気候変動レポートは、特に目新しい点はないが、もっとも温室効果ガスを発生させているのは米国で、中国の排出量が急増しているとはいえ、一人当たりの排出量は米国の方がずっと多いと、至極まともなことを論じている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

上海の気温が少し低い [東アジア]

上海の気温が10℃に満たない状態で推移しているようだ。
ウィーンやロンドンの方が気温が高い。

先月少し高くなったのち、また下がってきた。
これだと、日本の気温もしばらく低く推移するだろう。

ここの所低めだったアブダビの気温上がってきた。金曜日には34℃となるようで、しばらくすれば日本にもこの影響が出てくるだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
東アジア ブログトップ